アウロラロゴ

1919年、イタリア最初の万年筆製造業者として、2006年に冬季オリンピックが開催されたイタリア北部のトリノ市に創立されて以来、独創的なデザインや機構により、常に「機能」と「デザイン」の一致を追求し、筆記具の世界に影響を与え続けています。

アウロラは、ペン先からボディに至るまで、自社工場で生産している数少ないメーカーで、「MADE IN ITALY」のトップメーカーです。

イタリアの代表的ブランドのデザインが、常に世界のファッションに影響を与えているように、ペンの世界においても、アウロラのデザインや色使いは影響を与え続けています。 その歴史は、イタリアのペンの歴史であるといって過言ではありません。

■ アウロラの特徴

リザーブタンク付ピストン吸入方式

リザーブタンク付ピストン吸入方式
アウロラの万年筆には、デザインだけでなく技術的にも最新の技術が用いられています。限定品・オプティマ・88などのモデルには、アウロラ独特の「リザーブタンク付ピストン吸入方式」が採用されています。これは、筆記中にインクが切れても尻軸を回してピストンを押し下げることで、自動的にリザーブタンク(予備タンク)からインクが供給される仕組みとなっており、ペン先字幅等により個人差はありますが、A4で1~2枚程度書き続けることができます。

リザーブタンク付ピストン吸入方式

アウ口口イド(アウロラ特製樹脂)
オプティマや一部の限定品・限定生産品は、アウロラ樹脂のブロックを切り出し棒状にしてから削り出します。そして、中をくり抜きキャップや胴軸の形状にし、ペン先、ピストン、クリップなどを取り付けて1本の製品にします。この工程が、1本1本手作り以外では作りだせない味わい深い仕上がりとなり、アウロラの魅力かつ特徴となっています。

■ アウロラの歴史

アウロラ歴史ページ画像1

アウロラ社(Fabbrica ltaliana Pene a Serbatatoio)は、1919年、ヴェローナ家によって、2006年冬季オリンピックが開催されたイタリア北部の工業都市トリノ市に、イタリア最初の万年筆製造業者として創立されました。

アウロラ歴史ページ画像2

初期の製品には、インクの充填方式が、スポイト方式のものとレバー式(A.R.A として知られているアウロラ社独自の方式)のものがあり、ボディは黒のほかに、18金張りや金無垢の製品がありました。 イタリアのペン業界では、米国の影響を受けたものが多い中で、アウロラ社は、独自のレバー方式や太軸のセルロイド製のものを製造し、常に独創的なデザインや、機構・機能を持つ製品を創業以来製作し続けています。

アウロラ歴史ページ画像3

1925年、アウロラ社は企業組織の大幅な改革を行い、「AURORA」プラン を更に向上させるための基礎が形成されました。 2つの新しい製品(「OLOオ口」「ASCO アスコ」)が発表され、オ口は新聞販売業者によって、鉄道の駅で販売され、アスコは、企業の宣伝広告用に限って販売されました。 この時代にアウロラ社が、様々な市場へ参入するために、製品や生産及び販売を多様化させるといった今日のマーケテイング論を、既に採用していたというととは、注目すべきことでしょう。

アウロラ歴史ページ画像4

1930 年代、イタリア国内市場は堅実に成長し続け、アウロラでは「NOVUM ノヴァム」シリーズを発表し、成功を収めました。 このノヴァムシリーズは、デザインなどバラエティーに富んでおり、機能的には、画期的なレバー方式のインク充填方式やクリップ機構を持っておりました。

アウロラ歴史ページ画像5

1934 年には、ペンを振るとペン先の出る「アステローペ」が開発されました。 その翌年には、アフリカ戦線で戦っているイタリア軍兵士のために、キャップにローマ帝国の鷲が付いた、白いセルロイドのペン、「エチオピア」が製造されました。また、アフリカ戦線の砂漠の戦場でペンを使用出来るように、固形のインクも開発されました。

アウロラ歴史ページ画像6

また同時期に、エコノミーモデルのセネレ及び、ウォルトディズニーの商標を付けたものとしては世界で2 番目の製品である、トッポリーノ(ミッキーマウス)シリーズを発表しました。

アウロラ歴史ページ画像7

1940 年代、著名な工業デザイナー、マルチェロ・ニッツオーリのデザインによる「88」が発表されました。 胴軸の先端を回転する最新のピストン式インク充填方式で、素材は全体が樹脂のもの、ゴールドプレート・キャップのもの、そして全体が18 金張りのモデルがありました。 「88」は、大きな成功を収め、この時代にヨーロッパでは1.000.000 本以上の販売本数を達成しました。 50年以上経った現在でも、イタリアではそれを所有する人々にとって宝物のように扱われています。

アウロラ歴史ページ画像8

1954 年、「88」シリーズのカートリッジ版、「デュオカルト」が発売されました。 そのインクカートリッジは、ノーベル賞科学者ナッタ博士により開発された、ポリエチレン製のカートリッジで、同時に予備のインクカートリッジを胴軸内に収納することが出来る、世界最初のペンでした。

アウロラ歴史ページ画像9

1963 年、「アウレッタ」が発表されました。 特に、学童向けに開発された、丈夫でカラフルなペンで、イタリアの子供たちの筆箱には「欠くべからざるもの」となりました。

 

アウロラ歴史ページ画像10

1970 年は、アウロラ社にとって重要なターニングポイントとなりました。 ミラノ市営バスのデザインなどで知られる、著名な建築家、マルコ・ザヌンにより、画期的なペン「アスティル」がデザインされました。 このペンは、筆記具として初めて、MOMA(ニューヨーク近代美術館)に永久展示保存されました。 ペンには、ID ナンバーが刻印され、品質管理が徹底されています。 この「アスティル」は、マットブラック、スターリングシルバー、バーメイル、ゴールドプレート、ラッカー仕上げ、18 金ソリッドゴールドなど各種の素材で提供されました。

アウロラ歴史ページ画像11

アスティルに続き、マルコ・ザヌンは、「テッシー」ボールペンをデザインしました。この平らで斜めにカットされた形状のボールペンも、MOMA によって永久展示保存されました。 これらの成功により、アウロラ社の海外市場への進出が始まりました。

アウロラ歴史ページ画像12

1986 年、「KONA コナ」シリーズが発表されました。 このペンは、カーデザインで有名なジウジアーロによるもので、ドーリス式円柱を連想させるネオクラシックな形状に、革新的な素材(金とチタニウムの組み合わせ)を使用し、ペン先の形状は鷲ペンを連想させます。 (日本国内未発売)


また、ペンを生産する職人の育成と技術向上のため、限定品・限定生産品の製造を開始しました。 限定品は、イタリアやその文化に関連するもので、アウロラ創業の年に合わせて、約1919 本生産されます。 また、限定生産品は、既存のモデルにその時だけの素材を使用して、約7500 本生産されます。 収集家の間では、アウロラの限定品・限定生産品は、プレミアが付くほど人気が高く、各シリーズとも発売 後ほぼ完売の状態となります。 またアウロラは、初めて使う方や、ファッションを重視する若い世代や女性にもペンを所有し、使う楽しさ を知っていただこうと、「タレンタム」・「イプシロン」・「スタイル」など、ヘビーユーザーやマニアだけでな く、手軽にアウロラの良さを知っていただく製品も開発しました。 アウロラは、イタリアで最初の万年筆メーカーの名称というだけでなく、デザイン、機能、素材など、筆記具 の歴史の中でまさに特筆すべき点を表すペンの名称です。 アウロラ社の歴史は、イタリアのペンの歴史であるといっても過言ではありません。

ページトップ