ペンのお手入れ方法

アウロラのペンをご使用になるために特別の注意は必要ありません。
製品に添付されている「取扱説明書」に従ってお使いいただければ、アウロラは生涯にわたリ貴方の良きパートナーとなることでしょう。

【万年筆】

万年筆は、お使いになる方によって、ペン先の筆記角度がそれぞれ異なるため、ペン先を馴らして、ご自分の書き味にする事が必要です。毎日お使いいただく事が最良のお手入れ方法です。インクを入れ替える時、長時間使われない時は、水またはぬるま湯をインクの代わりに通して洗浄してください。また、紙質によっては、紙片がペン先の間に入り込んでいる場合がありますので、柔らかい布で軽く拭き、紙片を取り除いてください。吸入式万年筆の場合、吸入用のノブは止まったところで十分機能しています。閉め過ぎますと思わぬ故障の原因となり、ネジ山を破損しインク漏れなどの原因となる事がありますので、ご注意ください。
万年筆は、一般的に気圧や温度変化、衝撃の影響を受けやすいため、携帯される時は、必ずペン先が上向きになるようにしてください。

【万年筆のお掃除方法】

メンテナンス画像1

本体吸入式の場合  :水の中にペン先全体を入れて、万年筆のお尻の部分を回して、何回か水を吸い込ませたり、吐き出させたりして内部を洗います。

メンテナンス画像1

メンテナンス画像2

カートリッジ式の場合:ペン先とペン先の付いた部分(首軸)を一緒にコップに入れておき、一晩おきます。翌日、流水でペン先を洗い、水気を拭き取ります。

メンテナンス画像2

 

【ボ-ルペン】

紙質によっては、紙片が溜まりやすく、ボールについたインクの残りと紙片によって、インクのボタ落ちを起こす場合があります。 その場合は、先端の汚れを取り除いてからお使いください。
また、ペン先が水平以上の角度で筆記された場合、先端のボールとチップの隙間から空気が逆流し、筆記が出来なくなる場合もございます。
最悪な場合、リフィル後端よりインク漏れを起こす要因になりますので十分にご注意ください。

【ペンシル】

芯をあまり長く出すと折れやすくなります。
先端が、若干出ている程度(2 回ノックした程度)で筆記してください。
なお、国産と外国製の替芯では、芯の太さが同一表記でも若干異なる場合がございますので、アウロラの替芯または、外国製の替芯をお勧めいたします。

【ローラーボール】

ローラーボールのインクは、水溶性のため常に蒸発しています。 ご使用になられない時は、必ずキャップをしてください。 また、ボールペン同様、紙質によっては紙片が溜まりやすいことがありますので、先端の汚れを時々取り除いてください。
また、万年筆のインクが出る構造と同じですので、気圧や温度変化に対し影響を受けやすいため、お取り扱いにはご注意ください。

銀製品のお手入れ方法

アウロラの銀製品は、銀本来の美しさを出すために、変色防止加工をしていません。 銀本来の性質を保っているため、黒く変色します。 「銀は変色するもの」ですから、輝きを保つためにはお手入れが必要です。 お手入れ方法は、毎日お使いいただき、柔らかい布で汚れを軽く拭き取れば、その美しさを保つことが出来、銀本来の風合いになっていきます。 変色した場合は、市販の銀磨きや磨き布で拭いていただければ、輝きを取り戻すことが出来るでしょう。 *故障の原因になりますので、液体に浸すタイプの銀磨きのご使用はお止め下さい。
なお、銀製品の性質上、変色によるお取替えはご容赦ください。

修理について

【品質保証】

アウロラ製品には、すべて品質保証書が添付されています。 修理、修理などのご相談は、アウロラ正規販売店(ご購入店)で承ります。 贈り物などの場合は、保証書に販売店の印が押されていますので、そちらへご相談ください。
◇お近くに販売店が無い場合は、こちらでも承り可能です。

【有効な保証書がある場合】

製品に添付されている保証書に、「販売店名」および「ご購入日」が明記されている場合は、その保証書に記載され ている内容に準じて保証いたします。 なお、自然消耗あるいは人為的な故障は、有償となります。 有償・無償は弊社にて判断をさせていただきます。 また、販売店の取扱手数料や諸経費が発生した場合は、お客様のご負担となります。 修理期間は、受付順に作業しておりますので、約1 カ月かかります。 イタリア本社工場へ送る必要がある場合は、事前にお客様のご了承を得て、その時点から約3 ~ 4 か月かかります。 但し、夏季休暇やクリスマス休暇が間に入る場合は、さらに1 か月かかりますことをご容赦ください。

【保証書が無い場合】

すべて有償となります。 さらに、取扱手数料として部品代以外に工賃がかかります。(万年筆 工賃¥1.000 ~ ボールペン 工賃¥500 ~)

【海外でご購入された場合】

原則として修理は可能です。 但し、取扱手数料が発生いたします。 また、日本国内に部品の無いものは、イタリア本社工場にて修理しますので、時間を要します。

【ご注意】

限定品などはイタリア本国送りになる場合がございます。 また、旧モデルや日本未発売、非売の製品に関しましては、修理が出来ない場合もございます。 形見等の思い入れがある修理品に関しましては、修理承り時に部品返却希望を販売員の方にお申し付けください。 (部品のみの販売はいたしません。)

限定品・限定生産品・特別生産品で、ギフトボックスが既定のものと違うものや、製造番号「0000」のモックアップサンプル(製品検討や撮影用に作られた外観だけが同じで、本来の機能が不十分なもの。決して市販されません。)を、いかにも希少価値があるかのように販売されているものを見かけます。 これらのペンには、正規の保証は添付されていませんので、メーカー保証はありません。また、限定品としての価値はありませんのでご注意ください。

ページトップ